ラブサーチで婚活

ラブサーチ実践・結婚相手探すぞ!

投稿日:

前のページ:僕の婚活はラブサーチで始まった

さあ、いよいよ実践です。

ラブサーチでの女性への希望条件

ラブサーチで女性にアプローチするにはなんといってもプロフィール検索です。

ログインしてトップのページで

「お相手探し」から「検索条件」をクリックまたはタップ(スマホの場合)すると「あなたの希望条件」という画面が出てきました。

お相手の希望条件

ここで相手の年齢、現住所、利用目的、身長、体系、血液型などがチェック項目になります。

年齢は何歳~何歳までとあなたの希望の年齢を入れるわけですが、僕はより多くの相手にアプローチしたいので22歳~35歳までと範囲を広げておきました。

少し年上の女性でも有りだと思いました。

住所はやはり遠すぎては会うのも大変なので、同じ県か近い県の人を求めます。

利用目的は結婚/婚活、恋人探し、友達探しの3つにチェックを入れました。

「束縛のない関係」はちょっと割り切り系になりそうなのでチェックはいれません。

身長、体系、血液型もあえて入れませんでした。

特に血液型なんかどうでもいいと考えましたし、身長、体系もそれほどこだわりません。

絞りすぎて検索結果が少なくなるのが嫌だからです。

ラブサーチで女性にメールを送る方法

さあ、メールを出すぞ。

検索条件で出てきた女性で気になった人には迷わず「いいね!」を押しました。

「いいね!」ボタンはプロフィール写真の下にあります。

これを押すと相手に僕がいいね!したのがわかりますので、女性に僕が興味を持っていますよということを知らせることができるわけです。

そしていいね!を押した女性にメールを出します。

「いいね!」ボタンの隣にメールのマークがあるのでここをクリック、またはタップです。

とにかくできるだけ多く頑張ってメールを出しました。

下手な鉄砲数打ち方式です。

じっと待っていても反応は期待できないでしょう。(僕がよっぽどのいい男なら別ですが。)

何しろバンバンとメールを出しても料金は固定なので変わらないのですから。

これがポイント式の他社と違ってラブサーチのいいところです。

もちろん、バンバンといっても、とりあえず僕がメールを送れる人数分ぐらいです。

さて、女性に贈るメッセージですが、年下の女性に対しても年上の女性に対しても敬語で書きました。

さすがに最初からタメ口もどうかなと思ったからです。

最初は丁寧な言葉使い(文章ですけど。)、徐々に親しい感じにした方がいいでしょう。

文面はコピペしたみたいに同じ文章にはしない方がいいと思います。

女性のプロフィールを読んで内容に即した文面にしました。

たとえば、相手の女性が趣味に料理とあったら

こんにちは、○○(ニックネーム)といいます。

まだ、ラブサーチに入会したばかりなのですが、あなたのプロフィールを見てメールを出させていただきました。

料理を作るのがお好きだということですが素敵なことですね。

得意なのは和食系ですか?洋食系ですか?

僕は料理はできないのですが食べることは大好きです。

ネットなどで美味しい店があるという情報があれば、近辺ならばつい出かけてしまったりします。

もしよろしければメル友からでいいのでご返事いただければうれしいです。

よろしくお願いします。

と、まあこんな感じのメールを出しまくりました。

相手の趣味とか性格とかに引っ掛けて語りかけるというふうにしました。

この文章でいうと料理は和食系か洋食系かと問いかけることで、返事をしやすくするということを意識したのです。

こう書けば得意なのは和食の方ですとか、相手も返事をしやすいのではと思ったのです。

もちろん、いきなり会いたいとかは書きません。

知らない相手にいきなりそんなことを言ったら警戒されてしまいます。

いわゆるセフレ探すために入会したわけではないのですから。

セフレならセフレのアプローチの仕方もあるのでしょう。

僕は婚活、結婚相手を探すのが目的なのです。

あせらず、ゆっくりと、まずはメル友からとした方が入りやすいと思います。

会いたいですなどというのは、何通もメールのやり取りをしてからです。

女性もメールのやりとりなら気軽にできますから。

あきらめずにメールを送るぞ

こんなメールをとりあえず15通ほど送ることにします。

メールを送っても返事がくるのは1割、2割だと聞いたことがあります。

まったくゼロ通ということも考えられます。

この辺は根気でしょう。

諦めたら婚活ができないのですから。

僕みたいなハンサムでもない男が黙っていて女性が寄ってくるはずがありません。

理想の相手が見つかるまで100通でも500通でもメールを送ります。

あと、こんなことを言うのも何なんですが、それこそ美人を、かわいい娘を追いかけるのはやめましょう。

テレビに出ているようなタレントやアイドルが僕の目の前に現れるはずもありません。

いわゆる、そこそこの感じの娘で妥協します。(て、いうか相手も僕では妥協の産物になると思いますし。)

実際に世の中の男性で、思わず見とれるような美女と結婚できる男がどれだけいるでしょう。

少なくとも僕の周りにはいません。

というより、なんでこんな女性と結婚したのかと驚くようなことが多いです。

世の中ってそういうものでしょう。

顔は多少、難があってもやさしい女性と平和で幸福な家庭を築きます。(そんなんでいいのかなあ?)

でも実際、理想が高すぎて結婚しない、できない男女も多いのでしょうから。

美女は三日で飽きます、あばたもエクボ。ってだんだん何いってるのかわからなくなりましたが。

とにかく結婚が目的です。

将来、孤独死は嫌です。

僕の条件は料理が上手なことと、気のやさしい女性です。若い子より僕より2つ3つ上の方がいいかな。年上の人の方が僕をやさしく包んでくれるかもしれない。

僕はマザコンか?

さらに一歩進めるためには

なんてことを言っているより、次に女性とより親しくなる方法を考えました。

それはLINEです。

もちろん、知っていると思いますが、人気のスマホアプリであるLINEを利用したいのです。

というのも、今どきの女性ならスマホは当然、持っていると思われますし、LINEもダウンロードしてる人も多いでしょう。

だから、メールを何回かやりとりすることができたら、さりげなくLINEのID番号を交換しませんかとというメールを出すのです。

やはり、出会い系サイトでのメールのやりとりよりも、LINEでやりとりした方がお互いに親近感が持てるのではないでしょうか。

LINEの利用

LINEなら嫌になったらブロックすればよいので、それほど抵抗感なく教えてくれるかもしれません。

メールでのやりとりより、LINEトークの方がグッと近づけるのでは。

LINEスタンプなんかを使えば和やかにコミュニケーションが取れるのではと思います。

そしてさらにいい感じになればLINE電話で会話することもできるかもしれません。

LINE電話なら電話代もかからないし。

そしたらデートにも誘いやすくなるのではと考えたのです。

もちろん、ある程度メールのやりとりをして意思の疎通ができるようになってからですよ。

これもまた、そんなに親しくなっていないうちに提案したら断られてしまうと思います。

とにかくお互い相手のことが知らない同士なのであせりは禁物。

特に女性にとって僕はまったく知らない男性、未知の男性なのですから警戒しているでしょう。

やたらに会うのは怖いと考えるはずです。

だから、僕が女性に対して訴えることは「信頼できる男性ですよ」会っても「安心できる男ですよ」というのをなんとか知ってもらう、理解してもらうことが出会うことの秘訣でしょう。

この人なら会ってみても大丈夫、そう思わせるようにメールやLINEで時間をかけてコミュニケーションを取りたいものです。

次のページ:

前のページ:僕の婚活はラブサーチで始まった</a

  • この記事を書いた人

雄一

30代男性です。 中小企業に勤めている会社員です。 いま、切実に結婚したいと考え、婚活始めました。

-ラブサーチで婚活

Copyright© 30代男性・婚活しています【結婚したいよ.ネット】 , 2018 All Rights Reserved.